読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アイルランドで髪を切るということ

先週末は、雨と風(暴風雨)のすごい天気だった。

クリスマスのころよりずっと寒く、とにかくこちらの雨は横殴りガーン状態
(横斜め60度ぐらいで吹き付けてくる)なので、

傘をさして歩けない。

じゃあどうすればいいのか。

1.傘をささない。

  これはぬれるけど、しっかり歩けます。

2.普通の傘を使う。

  こちらぬれは少なくなるけど、傘が捲くれあがって、
  壊れる可能性大。

3.ふつうじゃない傘を使う。

  なんでも、ちょっとお値段は高めだけど、
  風で捲くれあがらない傘、というものがあるんだそう。
  (うちの傘はほとんど壊れてるので買わなければ。。)

   60MPH Windproof Umbrella↓(アマゾンUKで18ポンド)
 

昨日はあまりの天気の悪さに、子供たちも一日中家で過ごす。

こういう日は、暖かい暖炉がある家に住めて幸せだなーと感じる。

雨と風で大変だろうから、いつもごはんをあげてる野良猫さんたちにも多めに
ご飯をあげる。

が、2日もあまり家から出れないと、私はいらいらしてくる。

で、ふらっと日曜日の暴風雨のなか、美容院へ髪を切りに行った。

こちら(ダブリン)には、日本人の経営している美容院はない。

アイルランドに引っ越してきたばかりのころは、日本からワーキングホリデーなどで
こちらに来ていた方に、自宅まで来てもらって切ってもらったりしていた。

(こちらみんな口コミ)

それなりのカットにはなるけれど、なにせ自宅できってもらうので、ブローとか
はなしで、日本人というだけで、「日本のようなサービス」とまではいかない。

こちらのアイリッシュのちょっとおしゃれなヘアサロンなどへ行けば、
軽くシャンプーカットで60ユーロ(日本円で7000円ぐらい)はかかる。

プラスチップ。

できれば頻繁に行きたいカットで、ちょっとこの値段は気が乗らない。

プラス、アジア人だからということで、なんかとても不自然なカットになることもある。

なので、私はもっぱらこちらの「中国系」のヘアサロンを利用している。

値段が低めなのと、なにより「同じアジア人」に、髪を切ってもらう安心感
がいい。

たいていは、シティーセンターの中国系のところで切ってもらうのだけど、
最近は近所のヘアサロンも試してみたのだ。

お隣のおばあさんが、ビレッジ(街の中心街のこと)に新しいヘアサロンができて
安くてよいよ、と聞いた。(安くて、というところがみそ)

その前に他の近所のヘアサロンで切ったのだけど、カットは良かったけど、
忙しかったのか、カスタマーサービスがあまりよくなかったので、
その「新しいところ」とやらを試してみたのだ。

それが、クリスマス前のこと。
たまたま行った日に、新しいスタッフらしき男性が担当することに。
「これこれこういう風に」とお願いすると、
「オーケーオーケー」ととても愛想がいい。

大丈夫そう、と安心していると、

なんだか手つきが怪しい。びっくり

あっちを切ったり、こっちを切ったり、

まるで思いつきで切っているようなのだ。

もう終わりかなっとおもうと、

またこちらをチョキチョキ

あちらをチョキチョキ。

で、できあがりは、

えーーーー。アセアセ

どこもかしこもレイヤーが入っていて、
なんのスタイルが不明。

もちろん、最初に頼んだスタイルとはかけ離れている。。

ま、しょうがない、と家路に着いた。

あきらめずに、

カーラーを巻いたり、
ジェルをつけたり
したけど、

全然だめ。

それでも2ヶ月我慢した。

で、昨日のヘアサロンへ。

以前の対応は悪かったけど、
変なスタイルにされるよりはまし!
と、出かけて行った。

予約なしで行ったので、1時間近く待たされたけど、

出来上がりはいい感じ。

切ってもらっている途中で、

「この前はどこで髪を切ったのですか」

と聞かれた。

やっぱ分かるー?と叫びたい気持ちに押されながら、

「ああ、近くのところで」とだけ答えておいた。

いやーまたいい経験をしました。