読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2017年旧正月 その1

1月20日から、旧暦のお正月を過ぎ、今日は2月7日。

 

なんかあっという間だなあ。

 

f:id:Ayhar108:20170207193833j:plain

 

ブログもアメブロからはてなブログに移動する、と宣言しながらはてなブログの方もサイトの管理が終わっていない状態。

 

その間、やっぱりワードプレスの方がいいよ、なんて声も聞こえてきて、まだ宙ぶらりん状態。(こちら近々に落ち着く予定)

 

で、この間私はなにをしていたのか。

 

①子供の学校探し:今年小学校付属の幼稚園に通っているのだが、(思いがけないことに)、父母面談で、理想的には今年9月から(とってっきり私は思っていた)小学校入学(こちらは4歳から)をもう一年遅らせたほうがいいとのこと。

 

理由は、誕生日が5月後半なので、もう少しいろいろ成長してからの方がいいスタートをきれるのでは、ということ。

 

アイルランドは、基本的に6歳までに小学校を始めればいいので、わが子はあと2年ほどある。

 

健康検診に行った際も、看護婦さんに聞いてみた。

 

彼女いわく、子供は遊ぶことがまさに学び。6歳ぐらいまではおもいっきり遊ぶほうがちょうどいい。アメリカでもそういう研究結果がでているとか。

 

主人も我が子はあと1年学校を遅らせた方がいいのでは、ということで、急遽来年の学校探しが始まった。

 

今通っている学校に続けて通わせてもいいのだけど、学校をとても楽しんでいるわが子には少し時間が短い。

 

来年も通うとなると、また最初の一ヶ月は1時間だか(慣れるまで学校は短い)など、できれば別の学校を探したい、と思う。

 

ふたをあけてみると、いわゆる保育所というものはいくつもあるのだけど、就学前の子のみを預かって、午前中だけみてくれるところは非常に少ないことに気がついた。

 

もし1日中開いているところに預けるとなると、クラスというものがなくて、わが子のみお昼ごろ帰る、ということにもなるのだ。

 

それって嫌がるだろうな、とわが子の顔を思い浮かべながら考える。

 

で、いくつか問い合わせをしたのだけど、なかなか連絡がつかない。

 

(こういうところはとてもアイリッシュだな、と感じます)

 

ようやく連絡をつけて見に行ったところは家庭の一部屋でこども11人ぐらいをみているところ。

先生はよさそうなんだけど、寒い日に、何人かの子供が一部屋で遊んでいて、ちょっとむっとする空気を感じてしまった。

 

特に今通っている学校が施設的には恵まれているのでそう感じてしまうのかもしれない。

 

もう一つ自宅の近所の託児所は、電話をしてもでないし、メールの返信も、個人的なことをあれこれ聞いてきて、見学さえできなかった。

 

最後に、自転車でも通えそうなところに連絡がついた。

 

一度子供と一緒に歩いていったのだが、グーグルマップが間違っていて(そんなことってあるの?)、ぐるぐる歩き回った末にたどり着けなかった。

 

日を改めて、行ってみると、小さいながら、子供たちが楽しそうに遊んでいる。先生も一人だけでなく二人。

 

なにより、先生の心の温かさが感じられた。

 

「ここだ!」

 

とピンときて、さっそく申し込み書をだしてきた、というわけだ。

 

ほっ。

 

その2へ続く。