読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

無意識のつぶやきに気づく方法

昨日は、モニターサービスの申し込み(1ヶ月)をしようかどうか、

 

ここ何日か迷っていたのですが、

 

本気で迷って、

瞑想して、

その後眠くなって、

 

ちょっと昼寝して(ここ2日バスがストライキをしていて早起きをしています)

 

えいやっと、申し込みをしました。

 

その後に「ほっとする」感じがして、

 

よかったなー」という気がしたので、

 

どちらにせよ、よかったのだ、と思う。

 

しかしても、新しいことをするときに、心はいろいろ言い出す

 

私の中ではこんな感じ。

 

「ちょっと高くない?」「おカネあるの?」

「そのぐらいのおカネがあったら、○○もできるんじゃない?」

「もし思ったようなサービスじゃなかったらどうするの?」

「他にももっといいサービスがあるのでは?」

「途中でやめたくなるんじゃない?」

「もしやってみて無駄だったら?」

「自分でやったらもっと安上がりなのでは?」

 

これ、今思い返してみただけでざっと7個でましたが、

実際の私の心の中ではもっともっとあったと思う。

 

そして、今回新しいサービスに申し込む、1ヶ月やってみる、

ということ意外にも、

 

日常の中で、同じようなことを「つぶやいている」心

に気がつく。

 

例:買い物、好きなものを買うときなど。

 

こういう「言い訳」というか、エゴの声は自分で意識していないと

どんどん私の目の前の状況を作っていってしまう。

 

特に「自分でやったらもっと安上がりなのでは?」という声は、

私の家族代々に伝わるメッセージである。

 

ところで、この新しいサービスは何か、というと。

 

自分の意識しない、心のブレーキを外してくれる、というもの。

 

ここ何ヶ月が試してみたいと思っていて、日本へ帰ったときには

創始者のトークにも参加してみた。

 

来週から始まるので、またそのアップデートもお楽しみに。